mibB-1.jpg

Sky Salon STRATA NAHA

I

Interior

Dates:   2018/2-2020/3

Site Okinawa, Japan

Building use:  Hotel

Site Area:   --㎡

Total Area :   315㎡

Photo by Nacasa & Partners

HOTEL STRATA NAHAは「その土地に積層された歴史や文化を感じ、新たな魅力を積み重ねていく」をコンセプトとした都市型リゾートホテルである。地上15階建、客室数220室からなり、各階ごとに様々な調度品やアートに彩られ、沖縄に積層された魅力に触れることができる。

Bar Sky Salonはこのホテルの最上階に位置し、西に海、東に丘陵、足元には那覇市街地が広がり沖縄屈指の眺望を堪能することができる。

 

那覇市は、沖縄県の経済・文化・政治の中心地であり国内外から多くのビジネス客・観光客が訪れるため、昼は会員制のビジネスラウンジ、夜はバーラウンジのふたつの顔を持った空間を計画することが求められた。

 

このために製作したのが、バーカウンター上部の朱色のガラスランタンである。ガラスランタンは、伝統工芸である琉球ガラスと同じ製法の再生ガラスで作り、職人の手作りである。また、朱色は城跡が世界遺産に登録されている首里城と同じ琉球王国古来の色で、沖縄の文化を継承した。ガラス表面には厚みの差異によるうねりがあり、昼は光を反射し繊細な輝きを見せる。夜に照明を点灯すると様相は一変し、周囲を鮮やかな朱色の海へと変貌させる。洗練されたビジネスラウンジと、ダイナミックで象徴的なバーの二面性を表現している。

 

また、テラスにはインフィニティの水盤を設け、その水盤に張り出す舞台を設置した。水盤には沖縄の鮮やかな空が映りこみ、視界いっぱいに広がる景色を眺めながら、ゆったりとした時を過ごすことができる。夕暮れとともに水中照明が点灯し水面を照らすと、水盤と眼下の市街地の明かりとが連続し、夜景に浮かぶ幻想的な舞台へとなる。

沖縄で生まれ育った人に心地よさをもって訪れてもらえる場所、また沖縄がもつ美意識や沖縄らしさを国内外のビジネス客や観光客へ伝える場所となるよう思いを込めて設計した。